最大メリットでスマホスピタルで画面好感した理由ですが、正規店で画面交換不可とされたiPhoneの画面交換も可能だということです。そして、星期天だと画面以外に損傷があるときは画面だけ修理してくれないです。本体交換は画面交換にくらべて値段倍以上していて、個人的にiPhone買替時期が近くなっており、サクッと画面交換をすましたいといったことがあり、それ実現してくれたのがスマホスピタルなのです。後日画面にクリアガラス張るとき力入れれば画面パコパコして、やはりフレームも歪んでたのです。ですが、動くので問題ないです。数か月のつなぎなら十分なのです。アップルストア・スマホスピタルの両方で修理したことあるのですが、それがスマホスピタルのほうが安かったです。データ消えないで修理されて壊れる直前のiPhoneが戻ってくるのです。また絶対データ消えないのではなくて、修理前データ消えても問題ないことへの承認は必要であり、これはどこで修理するときも一緒です。そして口コミを見てもデータ消えることまずありません。また、スマホスピタルは全国各地にあるのでアップルストアのように混雑しないです。予約しなくても長時間待たされなくて、緊急時にすぐ修理したいときに便利なのです。スマホ修理はよく確認しましょう。比較的新型のスマホが、車から降りる際にポケットからすべり落ちて地面に落下しました。落ちた瞬間に嫌な音がしたのですが、画面を確認してみると無残にもバリバリになっていました。その時はまだタッチ操作が効く状態だったのでそのまま使っていたのですが、使っていくうちに指に違和感を感じ始めました。スマホの画面をスライドするたびに指に小さなガラスの破片のようなものが付いていたのです。ひび割れていた画面は日に日にひどくなっていき、画面には謎の色が広がっていき、最終的にはタッチ操作が効かなくなり故障しました。次に日にケータイ会社にもっていき、修理をお願いしたのですが、「お客様は補償サービスに加入されていないため全額負担になると思います。」と言われました。そこで、私の犯した過ちに気付きました。私はいままでずっとケータイを契約する際は補償サービスを付けていたのですが、一度も壊したことは無く、補償サービスを使ったことがありませんでした。今回壊してしまったスマホを契約した際に「補償サービスは契約を外してください。」とお願いしていたのです。結局、私のスマホの故障は画面だけでは無く内部にも広がっていたので、実際に修理をしてかかる費用よりも残りの分割金の方が安いということになり、その場で機種変更をする事になってしまいました。そこから半年ほどは機種代が二重払いになりケータイ代がとても高くなってしまったのですが、補償サービスはしっかりと付けて、衝撃に強いスマホのケースも買いました。そのおかげで現在まで画面の割れや故障はありません。しかし、補償サービスだけは今後も絶対に外さないようにしようと思っています。

|クリニック集客ノウハウ|病院ナビ|病院ラボ|病院の教科書|クリニックナビ|クリニックラボ|クリニックの教科書|病院ネット|医療ナビ|医療ラボ|健康ナビ|